マツコ・デラックス出演番組に関する情報をお届けします

matsukofan

マツコの知らない世界

マツコの知らない世界 #113【チョコミントの世界&富士登山の世界】まとめ

2017年8月8日放送のマツコの知らない世界では、マツコの知らない「チョコミントの世界&富士登山の世界」をご紹介します。

また、番組内で紹介された、選りすぐりの情報もお届けします!

マツコの知らない「チョコミントの世界」

しばらくチョコミントを食べていないというマツコは、あまりチョコミントが好きではないようです。

サーティワンアイスクリームに行って、大好きなキャラメルリボンにチョコミントをのせてみたりしても「薬食ってるみたいで、ないな。いらない。」と思っていたそうです。

・サーティワンアイスクリーム「キャラメルリボン&チョコレートミント」ダブルカップレギュラーサイズ 660円(税込)

この話をスタジオの裏で聞いていた、チョコミントを愛しすぎるカワイイ19歳の大学生「牛窪真太郎くん」は、とても不安そうに登場します。

マツコは慌てて「ごめん酷いこと言って!違う違う違うから!大丈夫、大丈夫だから!座りな!嫌いじゃないよ〜っ」と牛窪くんを椅子に座らせ、スタジオは大爆笑です。

牛窪くんは、大好きなチョコミント色のカーディガンに、ミント色の靴、ミント色の財布に、チョコミントアイスパスケースを身につけた、とても穏やかそうな男の子です。

「今、チョコミントが熱い!20種類以上のチョコミントが堪能できる!」

5月〜8月は、チョコミント商品が最も多く発売されるそうで、マツコのように「チョコミントはちょっと…」という人が挑戦するには、8月がラストチャンスだと牛窪くんは語ります。

マツコも、真剣な牛窪くんの目を見つめて「頑張る」と宣言します。

主なチョコミント超品

・「セブンティーンアイス(チョコミント)」130円(税込) グリコ

自動販売機で販売しているので、1年中食べられる。

・「チョコミントカップ」140円前後 赤城

ほろ苦いチョコチップが清涼感のあるミントとマッチ。

・「チョコミントバー」76円前後 赤城

・「ミニカップ ショコラミント」294円(税込) ハーゲンダッツ

・「モチクリームアイス チョコミント」173円前後 モチクリーム

・「ミント キャンディ イン」432円(税込) メリーチョコレート

 

 

・「パキーラチョコミント味」 125円(税込) ブルボン ※現在は販売しておりません

・「チョコミントソフトサンド」220円前後 かしわ家

・「ルック《ミントミント》SP」141円(税込) 不二家

・「コールドS ミンティ ミントチョコクランチ」250円(税込)※一部、取り扱いのない店舗がございます

 

牛窪くんが言いたいこと「先入観でチョコミント嫌いにならないでください!」

チョコミント嫌いのマツコに、チョコミントを愛してやまない牛窪くんが、頑張って選んだ珠玉のチョコミントを引っさげ、マツコに挑む!果たしてマツコは、苦手なチョコミントを受け入れられるのか?!

チョコミントが苦手な人が言ってくること

  • 歯磨き粉みたいな味がする!
  • なんでチョコがスースーするんだ!
  • 色が気持ち悪くて体に悪そう!

牛窪くんの主張

  • 「チョコ=甘い」という固定観念にとらわれないで欲しい。
  • チョコとチョコミントは全く違う食べ物

マツコの苦手を克服する!「珠玉のチョコミント3選」

◎今年再び関東上陸!3拍子揃った理想のバランス

「チョコミント蒸しケーキ」(Pasco)130円前後

牛窪くんが最近一番ハマっているパンケーキ。

ミント感が強くスーッとするため、精神が安定する。

マツコの感想「(見た目が)ボタニカル系に凝った女の家の石鹸みたいよね。天然のスクラブが入ってるの♪っていうやつ。(一口食べて)ミント感強いねー。残るね〜ミント!」

「⚪︎×札は上げない方がいいかな…」と配慮するマツコに対し、牛窪くんは「じゃぁ、課題が多くて、眠れなくて、でも1限に行かないといけないっていう、眠い朝を想像してもう1回食べてもてください。ヤバイ、眠い眠いって…。」と懇願する牛窪くんに負けて、マツコは渋々「大変な朝」を想像しながら、もう一口を口に運びます。「…確かに、さっきみたいに丸腰で食べるよりは、まだ良いわね。」と言いながら「×」の札を出し、スタジオは大爆笑です。

「多分、黄色い普通の蒸しパンで、この食感で、この甘さでってなったら美味しいし、実際Pascoの蒸しパン美味しいからね!以上!」と、Pascoのフォローするあたり、さすがですね。

◎牛窪流!手作りチョコミント料理

フリップには、牛窪くんが自分で作ったというチョコミント料理が写真とともに紹介されます。

  • チョコミントクッキー
  • チョコミントレアチーズケーキ
  • チョコミントアイス餅
  • チョコミントメロンパン
  • ミントミルクゼリー
  • チョコミントババロア
  • チョコミントチーズケーキアイス
  • チョコミントカップケーキ
  • チョコミントプリン
  • チョコミントパンケーキ
  • チョコミントシュークリーム
  • チョコミントワッフル
  • サクサクミントチョコサンドクッキー
  • チョコミントスコーン
  • チョコミントアイスクリーム

スタジオには、この中でも1番のオススメ「チョコミントチーズケーキ」が用意されます。

一晩冷蔵庫で寝かせると、味が馴染みより美味しくなるそうです。

マツコの感想「最初良かったと思ったんだけどなぁ…。後からのミントすげぇなこれ…。……ん〜これはかなりキツイ…!」と悶絶の表情を浮かべます。

牛窪くんは、「自分の誕生日に自分で作ったケーキなんです。もう一口…。」と食い下がります。マツコは渋々口にし、「美味しいよ。」と、「⚪︎」の札を見せると牛窪くんは喜びますが、裏ではカメラに「×」の蓋を見せ、スタッフは大爆笑します。

◎特別な日に食べて欲しいご褒美チョコミント

「チョコレートミント」(サーティワンアイスクリーム)360円(税込)

天然のミントから抽出しているため、ミント感控えめで甘さがあり精神が安定する。

日本で最初にチョコミントが売られたのは、1974年サーティワン1号店(目黒店)と言われている。

マツコは辛かった時、ハーゲンダッツに行きバラエティーパックを注文。「全種類入れてください!」と購入し、家に帰って泣きながら食べたことがあるそうです。その時にチョコミントが入っていたそうです。

マツコの感想「全然美味い。全然美味い!こんなだった?!そんなにミントが残んないのよ。これは全然いける!」と完食していました。

・「バラエティーパック」サーティワンアイスクリーム レギュラー12個入り 3,880円(税込)

牛窪くん考案!「世界に一つだけのチョコミント料理」

チョコミントの問題点

「チョコミントは、デザートの壁を超えられない!」

スタジオに用意されたのは、「チョコミント卵焼き」と「チョコミントパスタ」の2品。

マツコは泣きそうな表情になりながら抵抗を示しますが、無情にも番組は進行していきます。

・牛窪流「チョコミント卵焼き」

試食前に、「最初に言っておくと、チョコミント卵焼きは開発時間不足で美味しくないんです。」という牛窪くんの言葉を聞いて、さらにマツコは悶絶します。

匂いを嗅いだマツコは「うおおぉぉぉえぇっ!」と吐きそうになりながら、覚悟を決めたように試食しますが、「マズイ!マズイよ!!これはマズイ!!」を連発していました。

・牛窪流「ちょこっとミントの爽やかチョコミントパスタ」

インゲン・ブロッコリ・アスパラ・鷄ササミ・酸味を出すためにドライトマトも入っている。

「見た目は美味しそう。」と言うマツコでしたが、牛窪くんがチョコレートを削ってふりかけようとすると大反対!「お母さぁ〜ん…お母さぁ〜ん…」と泣きそうになりますが、牛窪くんがマツコに美味しいご飯を食べてもらうために、5日間、毎日5時間かけてチョコミント料理を研究したと聞き、覚悟を決めて口に運びます。「不味くはないわね。例えば、ちょっと毛色の変わったパスタを出す店のシェフに”ちょっと今回チョコミントいってみたんすよ”って言われて出されたら、これぐらいの量だったら食べるかな。」と、初の「⚪︎」札を出してもらって、嬉しそうな牛窪くんの笑顔が印象的でした。

マツコの知らない「富士登山の世界」

富士山を1日2往復する日本記録保持者の74歳「實川欣伸さん」

日本一富士山を登り続ける男しか知らない、ディープな富士山の魅力をご紹介します!

實川欣伸(74)プロフィール

 

  • 出身 神奈川県
  • 職業 富士山ガイド
  • 富士山にハマった経緯
  • 42歳 中年ダイエットとして富士登山を始める
  • 65歳 定年をキッカケに富士登山記録に挑戦 その土地に年間248回の登頂を続け、日本記録を樹立
  • 現在 富士山登頂記録1924回(2017年の収録時点) 富士山に登らないと体調を崩す

平均登頂時間(富士宮5合目〜山頂)

              登り    下り    合計

一般の方       5〜7時間  2〜4時間 7〜11時間

65歳当時の實川さん   2時間30分 1時間30分  4時間

日本人だったら死ぬまでに富士山の山頂には行っとかなきゃとは思ってんだけど、どんどん太っていくと嘆くマツコに、實川さんは「関係ない。」と言います。登山客が多く、山小屋なども整備されているため、近年、登山客の年齢層が高くなっているのだそうです。

富士山を1日2往復もする「達人の登り方」

  • ↓   睡眠
  • 4:30
  • ↓   起床〜移動
  • 6:00
  • ↓   登山(1回目)
  • 10:00
  • ↓   下山
  • 12:00
  • ↓   登山(2回目)
  • 16:00
  • ↓   下山
  • 18:00
  • ↓   移動〜帰宅
  • 19:30
  • ↓   晩酌
  • 20:30
  • ↓   睡眠

※實川さんの場合 真似はしないで下さい

飲食せず富士山を2往復すると約10kg痩せるそうです。

實川さんはどうやって1日2往復もしているのか?

午前4時30分 實川さんに密着開始!

テンション低めの實川さん。「最近は気合が入らない。」と言うが、圧倒的な記録の實川さんに、記載など必要ないという。そんな實川さんは、富士山を1日2回登ることに、男としてのプライドをかけている。

午前6時 登山開始。

富士宮ルートの場合、登頂までの平均時間は5時間〜7時間だが、實川さんはたった4時間で登ってします。後から来た登山者に抜かれるほど、超スローペースな實川さんですが、1時間後、休憩する登山者達をつ次々と抜いていく。實川さんは余程のことがない限り、頂上まで1度も立ち止まることなく歩き続けます。そして登り方にもコツがあるそうです。

實川流 登山術

  1. スローペースで休憩せず一気に登る
  2. 息を吐くことを意識すれば呼吸が乱れにくい
  3. 高山病対策として、前日に2リットルの水を飲む

順調に登山を続ける實川さんですが、この晴れ渡った夏山に突如、暗雲が立ちこめます!

なんと、マツコの知らない世界のディレクターが遅れをとる事態に…。そして、休憩なしで登る實川さんについていけず、ディレクターがダウン!そんなディレクターを残し、實川さんは先に山頂を目指すことに。徐々に険しくなっていく岩場を休憩せずに進み、先に山頂に到着。そして、實川さんから遅れること3時間、今回の収録の台無しにしたポンコツディレクターに實川さんから最後に厳しい一言。

「あなたは、だいたい登ろうという気があったんですか?降りられた方が良かったかと思いますよ、最初から。」

※2往復ロケ失敗…

このYTR を見たマツコは大爆笑でした。

實川さんが持つ様々な富士山記録

・55時間で富士山8往復(当時66歳)

 富士宮口5合目から山頂まで、不眠不休で8往復

・東京駅から徒歩で富士山登頂(当時67歳)

 43時間をかけ、距離約130kmを歩き登頂達成

東京駅から歩いて富士山に登った時には、あまりの過酷さから、ゴール手前で「自分が歩いている姿が見える」という幽体離脱をしたそうです。オンダテという富士山にたくさん咲いている花が、大きな聞くの大輪の様にバーッと咲き乱れて、ドラキュラに出てくる様な洋館が浮かんで見えるという幻覚や、岩がカニの怪獣のようになってワッサワッサと動き出す幻覚など、たくさんの幻覚を見たそうです。

達人がこっそり教える「㊙︎富士山ガイド」

スタジオには、富士山のジオラマが用意されます。

5合目から山頂までに、およそ50件の山小屋があるそうです。

・御殿場口

頂上との標高差約2300m・距離約11km

他の登山口より長いため経験者向き

・須走口

登山者の約1割程度しか使われないので、植物を楽しみながら登りたい女性にオススメ

・富士吉田口

約7割の登山客が使う1番人気の登山口

山小屋が約20軒あり、初心者にオススメのルート

・富士宮口

標高2400mからスタートする為、登山距離が一番短く、急な岩場が多い上級者向きルート

登頂記録を更新中の實川さんは、山小屋の方々から、ある特別なサービスを受けているそうです。

・萬年雪山荘(富士宮9合目)

實川さんだけ「刺身」を無料で食べられる ※一般の人は食べられません

萬年雪山荘がブルドーザーを所有しているため、9合目まで食材や荷物を運ぶことが可能。

9合目でも20種類以上の豊富なメニューがある。

・扇屋(須走山頂)

實川さんだけ「絶景写真」を無料でもらえる

小岩井大輔さんという「雲上のカメラマン」が撮った美しい写真をもらえるそうです。

山頂で数少ない豚汁(800円)を食べることができる。

・富士山頂公衆トイレ(富士宮山頂)使用料300円

環境省が運営している山頂で一番綺麗なトイレ

實川さんだけ、トイレの神様(富田さん)が「コーヒー」を作ってくれるそうです。

「夜の山道を歩く時は、動物を刺激しないように、極力ライトを使わないほうが良い。」という實川さんですが、ライトも点けずに夜中の富士樹海を歩いていて、良からぬことを考えているのではないかと思われ、車で通る人から声をかけられることもあったそうですよ。

富士山に命を懸ける「男達の戦い」

全員70歳以上!實川さんの富士山仲間

・富士山麓一の負けず嫌い  ・キノコ狩りの名人

 佐々木茂良さん(77)    都倉洋一さん(73)

 登頂回数1403回(収録時)   登頂回数1233回(収録時)

               「歩く植物図鑑」と言われている

ライバルでもあり良き友でもある3人は、よく集まって飲んでいたのですが、3年前に「キノコパーティー事件」が起こったそうです。都倉さんが採った絶品キノコ料理を山小屋で楽しむ宴会があったのだそうですが、3年前に「佐々木さんの1300回登頂記念」と「きのこパーティー」のタイミングが重なり、その時に佐々木さんが、實川さんと都倉さんには内緒で、自分で「1300回登頂記念パーティー」にしてしまったのだとか。ひとりでキノコ集めを頑張った都倉さんが起こってしまい、それ以来キノコパーティーは無くなってしまったのだと實川さんは話します。

番組では、實川さんに内緒で、当時のことを佐々木さんに聞いてみました。

「今まで言えなかったけれど、実はずっと悔やんでいた。」という佐々木さん。…というわけで、この機会にキノコ集めをしてくれていた都倉さんに電話してみることに。謝罪する佐々木さんに対し、都倉さんは、「そろそろ潮時だと思ってたからやめただけだから、気にしなくていいんだよ。」と。実は、ひとりでキノコ集めと調理もしていたため、やめたがっていたそうです。

實川さんの勘違いだったということでしょうか。それとも、都倉さんの佐々木さんへの気遣いでしょうか。

VTRを見て、苦笑いしながら罰の悪そうだった實川さんも、最後は笑顔で「」以上!マツコの知らない富士登山の世界でした〜♪」と締めくくっていました。

何はともあれ、3人が仲良くこれからも富士登山できそうで良かったですね!

 

-マツコの知らない世界

Copyright© matsukofan , 2020 All Rights Reserved.