マツコ・デラックス出演番組に関する情報をお届けします

matsukofan

マツコの知らない世界

マツコの知らない世界 #210【クリスマスケーキの世界&凧の世界】まとめ

2019年12月17日放送のマツコの知らない世界では、クリスマスケーキと凧について紹介しています。

クリスマスケーキの世界では、一見すると食べ物には見えない芸術作品のようなケーキが登場します。

また、今年のクリスマスケーキ業界には激震が走ったそうです。一体何があったのでしょうか?

凧の世界では、世界中の変わった凧が多数紹介されます。紹介者さんは中学校の元校長先生です。凧にまつわる熱いトークが楽しいですよ!

マツコの知らないクリスマスケーキの世界

紹介者:年間2400個のスイーツを食べ歩く女性 平岩理緒さん(44)

お菓子以外の炭水化物はとらないという平岩さん。

今年のクリスマスには、仕事とプライベートで計18台のクリスマスケーキを食べる予定だそうです!

平岩さん最近のおすすめケーキ:ル・ショコラ・アラン・デュカス 渋谷スクランブルスクエア「フォレノワール」1カット1,320円(税込)

○2019年 クリスマスケーキ界を襲う最大の危機・イチゴの値段が高騰!原因は、台風や海外への輸出

<イチゴじゃなくても楽しめる!進化系クリスマスケーキ>

○ブーム到来!イチゴと主役の座を張り合う新食材:ピスタチオ

人気の理由:緑の色味がクリスマスカラーにマッチ。健康面でも良いとされる。

・HIBIKA 阪急うめだ本店&日本橋高島屋「もみの木」5,400円(税込)

・マイスターシュトュックユーハイム エキュート限定「クリスマスの輝き」4,320円(税込)

○今年の狙い目・イチゴに代わる新食材

・そら色 エキュート品川「綾錦〜ayanishiki〜」2,808円(税込)和菓子のクリスマスケーキ

・ハイアットリージェンシー東京「ホールメロン」19,440円(税込)メロンの中身は果肉・クリーム・スポンジケーキ

○夏のフルーツをあえてクリスマスケーキに

・おきぽたショップ「贅沢マンゴーホール」5,820円(税込)

・キルフェボン「2色のブドウのタルト」5,892円(税込)

進化系イチゴクリスマスケーキ

パティスリーQBG エキュート品川「ルージュノエル」4,350円(税込)ヨーロッパ産イチゴを用いたピューレを使用

<イチゴ高騰のメリット アイデアが凄すぎるクリスマスケーキ>

・東京マリオットホテル・西武池袋本店限定「ルミエール」7,000円(税込)

・ピエール マルコリーニ「ノエル ドゥ ピエール2019」6,588円(税込)

・キャトーズ・ジュイエ エキュート大宮「グレイス《神の恵》」10,000円(税込)

試食したマツコさん「これ美味い。ナチュラルローソンとかに置いてほしい」

・ウェスティンホテル東京

「KI.RI.KA.BU タルトショコラ」16,200円(税込)

「KI.RI.KA.BU フォレノワール」12,960円(税込)

「MA.RU.TA 2019チョコレートケーキ」45,360円(税込)

<クリスマスケーキ 一番の狙い目 ブッシュ・ド・ノエル>

ブッシュ・ド・ノエル:ロールケーキをクリームなどでコーティングし薪の形に見立てたケーキ

○奇跡の調和を生み出す化学反応

・京王プラザホテル「ブッシュ・ド・ノエル」5,200円(税込)

マツコさん「さっきのとは真逆で、お子さんに奮発して買ってほしい。かわいいし、味も」

○常識を覆す!奇跡の食感

パティスリー・ノリエット(下高井戸)「キール・ロワイヤル」4,320円

マツコさん「これ好き。フワッと淡いんだけど、しっかり芯が通ってる」

○平林さんからマツコさんへおみやげ

・ルコント 渋谷スクランブルスクエア「ビュシェット・ド・ノエル」シリーズ

「キャラメルオランジュ」648円(税込)、「ショコラ」681円(税込)

マツコの知らない凧の世界

紹介者:1700のタコを集め博物館を開いた男性 酒井田 茂さん

酒井田 茂さんプロフィール

  • 名前:酒井田 茂(66歳)
  • 出身:三重県
  • 職業:元小学校長
  • 24歳:教師生活1年目に凧があがって喜ぶヤンチャ生徒を見て凧にハマる
  • 25歳:こどもたちが喜ぶ凧を求め日本中の「凧師」を訪ねる
  • 28歳:海外125か国を訪れ凧を収集
  • 現在:自宅を改造し博物館をオープン

凧界のスクールウォーズ・ヤンチャ生徒を魅了した凧

  • 立体凧:凧の間を通り抜ける風によって生じる揚力を利用してあげる凧

中学の美術の授業で立体凧を作ってあげたところ、はじめはふてくされていた生徒たちが夢中に!

国によって千差万別・驚愕!世界の凧

  • 日本や韓国の凧は強い季節風に耐えられる頑丈な骨組み
  • 南アジアや風の穏やかな地域の凧は軽量化された2本の骨組みの形が多い
  • 南米など丈夫な素材が少ない地域では骨組みの数を増やして強化
  • お正月に縁起が良いとしてあげられる凧
  • 冬に吹く強い季節風は凧あげに最適
  • 日本の凧あげは子どもの成長などを祈願してあげられていた

国の文化が分かる凧コレクション!

  • グァテマラ:死者の日(11月1〜2日)に死者を弔う目的で大きく豪華な凧があげられる(日本のお盆みたいなもの)
  • オランダ:空を泳ぐ船「帆船凧」海洋貿易で栄えたオランダの、帆船国にちなんだ凧。帆船祭りも開催される。
  • 中国北京:2匹のツバメが踊る「双燕凧」

ツバメ型の凧は、あげた人を幸福・長寿にすると言われている。季節・場所を問わずあげられ親しまれる中国を代表する凧。

  • フィジー:木の樹皮から作られる布「タパ」を使用した凧。晴天祈願や自然への感謝を込めてあげられる。

この凧を見たマツコさんの感想「私、大昔南太平洋の方から来た気がする」

<生活になくてはならない凧の使い方>

  • ソロモン諸島:ヤシの葉や木で作られた凧を魚釣りに使う

<大人も子どもも夢中になる凧>

  • パキスタン:凧同士で糸を斬り合うけんか凧が盛ん。けんか凧で素早く動かすため、約15gの超軽量型。パキスタンでは凧専門店がある。

まとめ

 クリスマスケーキといえばイチゴの乗ったホールケーキ、というイメージでしたが、多種多彩に進化しているんですね。すでに予約完売しているお店も多いですが、今年は少し変わったクリスマスケーキを試してみるのもいいかもしれませんね。

 日本では凧は冬の風物詩ですが、海外では漁業に使われたり、お祭りに使われたりしているんですね。

凧の素材や構造が地域の気候によって異なるというのも驚きでした。

-マツコの知らない世界

Copyright© matsukofan , 2020 All Rights Reserved.