マツコ・デラックス出演番組に関する情報をお届けします

matsukofan

マツコの知らない世界

マツコの知らない世界 #99【築地ホッピングの世界&袋パンの世界】まとめ

「マツコの知らない世界♯99」では、マツコの知らない「袋パンの世界」マツコの知らない「築地ホッピングの世界」をご紹介します。

また、番組内で紹介された選りすぐりの情報もお届けします!

マツコの知らない「袋パンの世界」

スタジオに設置された袋パンの陳列棚の前をウロウロしていたマツコが突然…、

「ない!…ないっ!ミニスナックゴールドが無い!」と声をあげます。明らかに不機嫌な表情を見せるマツコを切り取った映像から、「袋パンの世界」は始まります。

 

スタジオには、毎月250種類のパンを17年間食べているOL「ひのようこ さん(41歳)」が登場します。登場と同時に「本当に申し訳ございません、ミニスナックゴールド。なんなら買いに走ります。」とマツコに謝罪し、スタジオは笑いに包まれます。

 

 

 

ひのようこプロフィール

ひのようこ(41)独身

出身 千葉県千葉市

略歴

24歳 毎日3食 パン生活スタート

25歳 世界のパンを知る為、パン旅を始める

34歳 ご飯派の彼氏と食生活がすれ違い破局

40歳 パンイベント開催数が300回を超える

現在 今まで食べてきた6万5千種のパンをデータベース化

 

 

 

マツコは若い頃、「ナイススティック」「コッペパン」「ミニスナックゴールド」の3つを買うのが定番だったそうです。

 

 

ナイススティック」 ヤマザキ 

参考価格 118円前後

発売40周年で、シリーズ合計の年間売り上げ7500万本

 

ひのようこさんは、今までに1,500本もの「ナイススティック」を食べたそうですが、マツコも400本〜500本は食べていると負けず劣らずです。

スタジオにはmスタッフが買ってきてくれたマツコの大好物「ミニスナックゴールド」が運ばれてきます。

 

ミニスナックゴールド」 ヤマザキ

参考価格 127円前後

1968年発売 幅広い層に今でも愛されるロングセラー商品

 

「懐かしいから安心する。」というマツコ。最近コンビニなどには置かれなくなっているそうで、「ヤマパン頑張ってぇ!」と、ヤマザキパンにエールを送るマツコでした。

 

 

コッペパン(ジャム&マーガリン)」 ヤマザキ

参考価格 118円前後

イチゴジャムとマーガリンを軽い食感のパン生地でサンドしている

 

「これウマ!こんなに美味しかった?!」と、美味しさを再確認し、驚くマツコでした。

 

袋パンのド定番!「進化系菓子パン」

 

大きなチョコチップメロンパン」 ヤマザキ

参考価格 115円

チョコチップの入ったビスケット生地をトッピング

 

 

サックリメロンパン」 LAWSON 

108円(税込)

ブルターニュ産のバターを使用し食感にもこだわる人気No.1菓子パン

 

レンジで5秒温めて生地をふんわりさせてから、トースターで表面がきつね色になるまで焼くと、外はサクサク、中はフワフワになっておいしいそうですよ。

 

厚切りフレンチ 2個入」 Pasco

参考価格 130円前後

味が染みるようにパンの切り込みを細かく改良している

 

「半分まで染みてて、半分は染みてないのが美味しいね。コレ美味い!」と、マツコも納得のお味です。

 

自家製ホットビスケット 4個入」 成城石井

362円(税込)

成城石井で売上No.1

簡単におしゃれ朝食が作れるホットビスケット

噛む程に生地の甘みが出るビスケット生地が特徴

 

「自家製ホットビスケット」ひのさんオススメのアレンジ料理

①温泉卵を中央に落としマヨネーズで土手を作る

②シュレッドチーズをのせてオーブンで1分30秒

ハムやベーコンなどを使っていないとは思えないほどの食事感がでるそうですよ。

 

パン専門店のレベル!「惣菜パン」

 

まるごとソーセージ」 ヤマザキ

参考価格 122円前後

丸ごと1本の粗挽きソーセージを贅沢に使用

年間7200万個を売り上げるNo.1惣菜パン

 

 

ソーセージフランス」 ファミリーマート・サークルK・サンクス

170円(税込)

専門店レベルの調理と加工を施した進化系ソーセージパン

粒マスターと粗挽きポークソーセージを低温でじっくり焼き上げている

 

「大人の味!これツマミに良いわ!」とマツコも絶賛です。

 

 

薄焼き明太チーズパン」 ローソン

150円(税込)

袋パン界では唯一無にの後引く辛さ!酒の肴の新定番

パン生地を薄く伸ばし明太ソースとゴーダチーズ・タバスコをトッピング

ピザ生地を使用しているため焼き戻すとチガウ食感を楽しめる

 

 2大「焼きそばパン」戦争!

ジューシー焼きそばロール」 セブンイレブン

165円(税込)

スパイシーで濃いめの味付けの焼きそばを柔らかいパンで包んでいる

 

 

たっぷり焼きそばロール」 LAWSON

160円(税込)

甘めのソースと細めの麺の相性抜群

 

 

試食した段階では、ひのさんは「セブンイレブン派」、「マツコはLAWSON派」に好みが分かれましたが、最終的なマツコの結論として、「両方メチャクチャ美味い!」と決着はつかず。

焼きそばパンのレベルが想像以上に上がっていた事を驚くマツコでした。

 

マツコの知らない「築地ホッピングの世界」

今、何かと話題になっている築地。

 

しかし、築地が本当に取り上げて欲しいのはそんな事じゃない!

 

築地といえば絶品グルメ。

 

実は今、築地でお良いしものだけを摘んでハシゴする「築地ホッピング」が盛り上がりを見せているのです!

 

そんな「築地ホッピングの世界」を教えてくれるのは、築地を食べ尽くしたおじさんコンビ「つきじろうさん&なべひろさん」

 

築地にある焼く520店舗の中から、絶対にお勧めしたい5軒を厳選してご紹介します!

 

番組冒頭、2年ぶりにスタジオに登場した「つきじろうさん」と「なべひろさん」は、視聴者に向かっ「みなさんにお詫びしたい事があります。前回出演した時に『築地市場ラストイヤー』なんて言ってしまって、申し訳ありませんでした!」と、謝罪から始まります。マツコは「お2人が悪いわけじゃないです!番組を作ったほうが悪いです。『築地さよなら番組』を連発した各テレビ局、そのせいです!」とフォローします。

 

つきじろう(47)なべひろ(49)

 

2015年「マツコの知らない築地の世界」に出演

その後…

あれから2年 ”2人の近況”

 

「つきじろう」  

・築地が好きすぎて…、「港区」から「月島」に引っ越し

・2016年3月末 勤め先を退職し、半年後に再就職

・現在 週3回、築地で朝食を食べる日々

 

「なべひろ」 

・特になし

築地約520店の中から、珠玉の5軒をホッピング!「築地もんせき通り」などを再現した築地が赤坂のスタジオにプチ移転。マツコがホッピング初体験します。

1軒目! 朝7時から蕎麦屋酒!

「そば処 調正庵(ちょうせいあん)」 

創業46年の老舗蕎麦屋  朝7時~(日曜は定休日)

中央区築地4-14ー1 モンテベルデ築地1F

 

来店回数 つきじろう100回以上 なべひろ200回以上。

お蕎麦だけではなく、季節豊かなおつまみを毎日15〜20種類揃えている。

蕎麦がおいしいのはもちろん、築地通がこぞって食べに来る、もう1つの看板メニューがある。

女将さんは築地からの信頼が厚く、過去にはお祭りを取り仕切ったこともあるそうです。

「築地のお店より、綺麗に作ってあります。」と明るく話すのは、この店の女将「松本照代さん」

用意されたビール(?)で乾杯した3人。ゴクゴクと一気に飲み干したマツコは、「発泡酒だなコレ。」と不満を漏らしスタジオを笑わせます。

 

「姫小鯛の天ぷら 1枚 500円(税込)」

姫小鯛(旬は秋〜冬)

料理が難しく一般的には流通しない魚。

銀座の高級天ぷら屋と同じ場所で仕入れ、揚げ方まで教えてもらっている。

築地ならではの旬な魚の天ぷらを味わうことが出来る。

一口試食したマツコは、「私なんでビール残しておかなかったんだろう…。」と悲しそうな表情を見せますが、お代わりをおねだり。「この天ぷら美味しい!衣はサクサクしてるんだけど固くなくて絶妙!」

 

天然本鮪の赤身漬け刺し 1,500円(税込)

一番マグロ(その日の競りで値段が最も高価なマグロ)の背かみ(赤身で最も美味しい背の部分)を使用。

お蕎麦やさんらしく、かえし(そばつゆの素の醤油)でつけている。

京都さんの高級自然卵を使用。

マツコは「コレすごいマグロだね!蕎麦屋さんで出てくるレベルのマグロじゃないね。いやぁー美味いわ。築地住もうかな〜。」と大絶賛。

 

2軒目! 穴子の魔術師!

 

「つきじ芳野 吉弥」

 

朝9時30分〜(水曜は定休日)

中央区築地6ー21ー5

 

来店回数 つきじろう10回以上 なべひろ40回以上

築地市場で仲卸をしているため、穴子の目利きは抜群。

2人が築地No.1と豪語する穴子の魔術師が作る絶品料理が登場。

 

このお店でマツコに運ばれてきたのは烏龍茶。つきじろうさんには日本酒。なべひろさんにはビール。納得がいかないマツコは、つきじろうさんの日本酒を、自分の取り皿に注ぎ「やり方はいくらでもあるのよー。」と乾杯します。

 

 

ぐるぐる(タレ焼き)2本 650円(税込)

仲卸だからこそ手に入る一般的には使わない”穴子のヒレ”を使用。

タレ焼きと塩焼きの2種類が味わえる。

「端っこが美味い!美味いね!」

 

 

ばかしあい 2,400円(税込)

薬味とタレが馴染むように、砂時計で1分待ってから食べる穴子重。

煮穴子と焼き穴子が同時に楽しめる。

煮穴子は、穴子の鮮度が良いうちに煮るので柔らかく煮上がる。

「皮のところが香ばしくて美味しい!噛まずに飲んじゃった!歯のいらない飲み物だねコレ!」と大絶賛。

 

3軒目!築地流イタリアンを創る店!

「築地ボン・マルシェ」

朝11時30分〜(日曜・祝日は定休日)

中央築地4ー7ー5 築地KYビル1F・2F

 

来店回数 つきじろう30回以上 なべひろ80回以上。

1Fは、立ち飲み・テイクアウト専門。

2Fは、ゆっくり食事ができるレストラン。

築地の新鮮な食材を使った創作イタリアンが大人気。

本場イタリアで修行をつんだ一流シェフが作る、築地流イタリアンをご紹介。

 

 

キャンティ クラシコ ラモネ ディ ラモネ エチケットブルー 1杯1,296円(税込)

シェフはご自宅に1,000本くらいワインをお持ちのシェフが進める、日本にはこのお店にしかないワイン。

 

 

築地スティックピッツァ 350円(税込)

ピザには珍しく生地を油で揚げており、イタリアパルマ産の高級生ハムを巻いている。

 

 

ミネストローネ 100円(税込)

生ハムから取ったダシの中に15〜20種の新鮮な野菜が入っている。

 

 

本マグロの大トロのウニ巻き 2,894円(税込)2個入り

本マグロの大トロで北海道産のウニを巻いて炙った一品。

オリーブオイル・バルサミコ・塩で仕上げている。

 

4軒目!屋台気分で味わう築地の”粋”

 

「魚や粋(いき)」

 

夕方5時〜(日曜・祝日は定休日)

中央築地4−7ー5 築地KYビル1F

 

来店回数 つきじろう10回以上 なべひろ20回以上

天然物にこだわり抜くお店。

昼は魚屋さんだが、夜になるを居酒屋に変身。

店内のショーケースに並ぶ魚を注文できるお店。

ショーケースに入っている魚は購入することが出来る。

 

 

・「メカジキの煮付け 1,080円(税込)

その日獲れた新鮮なメカジキをすぐに煮ているため身が硬くならない。

 

 

・「天然魚介出汁で作ったスープカレー 880円(税込)

天然のあさり・エビ・イカ・鯛など、5〜6種類の魚介類を煮込んで作っているカレー味のブイヤベース。

 

 

5軒目!究極のシーフード!海を固めて召し上がれ!

 

「甘味処 天まめ」

 

朝7時〜(日曜は定休日)

中央区築地2−8−1 築地永谷タウンプラザ107

 

来店回数 つきじろう20回以上 なべひろ100回以上

名物は店で作られる生寒天。

 

てんまめ 880円(税込)

保存料が一切使われていないため後味が良く食べやすい。

朝11時から切り立てを食べることができる。

最高級の黒糖の産地、沖縄県波照間産を使用。

 

「海の味がする。これ美味しい!浅瀬で海水と草を一緒に食べた感じ。」と言うマツコの微妙な色レポに苦笑いする女将さん。独身だという女将さんに、なべひろが「つきじろうはどうですか?」と奨めますが、「つきじろうさんのような立派な方は…。」と丁寧にお辞儀をして断る女将さん。甘味処での甘い恋の予感は脆くも破れ、つきじろうさんが「佃煮にしてもよいくらい、そういう思い出があります。」と、綺麗にオチをつけ大爆笑の中「築地ホッピングの世界」は幕を閉じます。

-マツコの知らない世界

Copyright© matsukofan , 2020 All Rights Reserved.