マツコ・デラックス出演番組に関する情報をお届けします

matsukofan

マツコの知らない世界

マツコの知らない世界 #115【激辛レトルト麻婆豆腐の世界&天然たい焼きの世界】まとめ

2017年8月22日放送のマツコの知らない世界では、マツコの知らない「激辛レトルト麻婆豆腐の世界&天然たい焼きの世界」をご紹介します。

番組内で紹介された、選りすぐりの情報もお届けします!

マツコの知らない「激辛麻婆豆腐の世界」

案内人は、ほぼ毎日麻婆豆腐を食べる、ちょっと変わった男、麻婆豆腐に快楽を求める男「藤崎涼さん」が登場します。

藤崎さんは「ZIL DJAN」という、約400年の歴史をもつシンバルのブランドTシャルに、小判形のネックレスを身につけた男性。「お世話になってないですけど、お世話になります。緊張してます!」と軽くパニックになっているようで、スタジオは笑いに包まれます。『ZIL DJAN』のロゴを見てすぐにドラマーだと当てたマツコは流石ですね。藤崎さんがドラマーをやっている理由は、ドラマーは後ろに隠れて演奏するのが顔が見えないからなのだそうで、相当な恥ずかしがり屋さんのようです。

・丸美屋 麻婆豆腐の素《中辛》 254円

国内シェア1位の王道レトルト麻婆豆腐

スタジオには、76種類のレトルト麻婆豆腐が並びます。

麻婆豆腐業界では、手を変え品を変え、様々な麻婆豆腐を出しているそうですが、その中でもお店の味を再現したレトルト麻婆豆腐があるそうです。

・麻婆豆腐 聘珍樓シェフシリーズ 324円(税込)

じっくり煮込んだソースが豆腐と相性抜群

・広東名菜 赤坂離宮 麻婆豆腐用 270円(税込)

適度な絡みとコクの広東風麻婆豆腐

・チャヤマクロビのタイズミートで 本格うまさの麻婆豆腐の素 465円(税込)

肉を大豆で代用した低カロリーの麻婆豆腐

油が好きで、ラー油などを沢山入れてしまうという藤崎さんに、マツコも共感。「人間というのは油を食うために生きている。」との名言も生まれました。気が合う2人ですね。

藤崎涼プロフィール

出身 東京 江戸川区

職業 「横浜銀蠅一家」のサポートドラマー

麻婆豆腐にハマった経緯

20歳 本格的な「麻婆豆腐の素」で感動!週4日の麻婆生活がスタート!

小学生の時に、道端にあった唐辛子を食べて「辛い!」と快楽を感じるようになったそうです。

東京都内にある中国人が集まるスーパー「友誼商店」に行った時に、激辛麻婆豆腐の素を見つけ購入。そこから辛味・痺れ・旨さにハマり、現在に至るそうです。藤崎さんは、激辛麻婆豆腐を食べていると、ランナーズハイのような状態になることがあるそうで、「その瞬間が欲しい!気持ち良くなって欲しい。」と語ります。ただ、行き過ぎると「快楽」の先には「苦痛」が待っているので、今日はその手前の「気持ちいいところ」を紹介してくれるそうです。

藤崎涼さんの激辛麻婆漬けの生活に密着!

早朝、都内にあるご自宅へ。

なんと、ほぼ毎朝レトルト麻婆豆腐を食べているそうで、早速朝食作りを始めます。

使うのは、CookDoの甘めの味の黒麻婆。これを一体どのように激辛に変身させるのでしょうか。

まずは、豆腐を茹でて、ひき肉を炒める。ここまでは普通の麻婆豆腐です。

ひき肉に、粉末唐辛子大さじ3・粗挽き唐辛子5g・四川産唐辛子4個と、唐辛子3連発!

極め付けは、タバスコの200倍辛いジョロキアをふりかける。

すると…、スタッフがむせ始めて現場は大惨事!藤崎さんはひとりハイテンション!

お皿に盛った後も、辛さの追求は止まりません。

ジョロキア大さじ1・ラー油大さじ1・青ホアジャオ少量・四川産唐辛子大さじ1・赤ホアジャオ大さじ1をかけて出来上がり。

見るからに辛そうな、真っ赤な超激辛麻婆豆腐が完成。果たしてそのお味は?

超激辛麻婆豆腐を一心不乱に食べる藤崎さん。これでも辛さが足りないと取り出したのは、またしてもタバスコの200倍辛いジョロキア。これをガンガンふりかけ…。「はぁ〜…、気持ちいいですね。」とトリップしてしまっている様子。辛さが伝わらないのでスタッフが試食してみると、一口食べてギブアップ!一気に汗が噴き出していました。

お昼も麻婆豆腐を食べに行くというので同行することに。

10年前から激辛麻婆店を食べ歩く中だという横浜銀蝿のベース「TAKUさん」も合流。ただし、TAKUさんは見ているだけで、辛いものは食べずに普通のものをたべるそうです。

藤崎さんのこの日のお目当は、上野にある「晴々飯店」の「プレミアム麻婆豆腐 激辛 1,080円(税込)」美味しそうに激辛麻婆豆腐を頬張る藤崎さんを「凄いなぁ、変体だよ。」嬉しそうに見つめるTAKUさんでした。

スタジオには、ノーマル麻婆豆腐と、藤崎さんが作る激辛麻婆豆腐が用意されます。

藤崎さんオリジナルの麻婆豆腐を試食したマツコは「美味しい。」と言っていましたが、藤崎さんが激辛スパイスをガンガン足すのを見て、悲鳴をあげます。恐る恐る激辛麻婆豆腐を試食すると、意外にもちゃんと美味しいとのコメント。強い辛味・痺れの中に、肉の旨味と豊かな風味が感じられるのだそうです。

番組内で使われていたレトルト麻婆豆腐の素

・程よい刺激と豊かなコク「あらびき肉入り黒麻婆豆腐」CookDo

・「りょう君のジョロキア」1,296円(税込)

バングラディシュ産のジョロキアを使用、現在は世界で3番目に辛い唐辛子で旨味を消さずに辛くすることができる

約80種から厳選!「オススメの快楽麻婆豆腐BEST3」

◎ 第3位 カレーの名店 絶品麻婆!

新宿中村屋「本格四川 辛さ、ほとばしる麻婆豆腐」237円(税込)

長期熟成した豆板醤でコク深い辛さ(ホアジャオ0.5g別添)

ひき肉入りなので、ネギ・豆腐だけで手軽に調理可能。

マツコの感想「美味しい!かなり本格的な味よ。」

藤崎竜激辛レシピ:レトルト麻婆に粉末唐辛子5g・大豆油大さじ1・葉にんにくをプラス。

こちらの激辛麻婆豆腐を食べたマツコは、「麻婆豆腐作るの上手ね。私、死ぬ前に食べたいの麻婆豆腐かも…。」と真剣な表情で話し、喜んだ藤崎さんは嬉しさを隠しきれず、大きく激しく頷きながらマツコにしがみつき、爆笑を誘います。

◎ 第2位 15種類以上の香辛料で辛さの中に飛び抜けた旨味

京華楼「本場四川 麻婆豆腐の素」540円(税込)

香辛料をふんだんに使用した深みのある旨さ。

お店で手作り生産している。通販や横浜中華街で購入可能。

シェフは全員四川省出身。本場で15年以上就業。

香りを引き立たせる「草果」「パイコー」など、15種類以上の香辛料を使用している。

作り方:豆腐1丁の上に80gかけて、電子レンジ(600w)で4分温めるだけ!

マツコの感想「アレンジしてなくても相当辛い!酸味が利いてるタイプ。」

・藤崎竜激辛レシピ:香辛料は使用せず、ひき肉と葉にんにくを追加し炒めただけ。

マツコの感想「あ…、美味い。かなり本格的。」

同率1位の2第麻婆(味が似ていて選べないので)

◎ 同率第1位 約150年前に作られた麻婆豆腐の元祖

ヤマムロ「陳麻婆豆腐」642円(税込)

本格的な辛さと究極の旨み(ホアジャオ1g別添)

マツコの感想「辛いんだけど、辛いよりも最初に美味いの方が先に来る。美味しい。」

・藤崎竜激辛レシピ:ジョロキアとホアジャオを追加。

マツコは、「もう全然辛くなくなってきちゃった。」と、他のスタッフに試食を指示。スタッフは、大きく1口食べた瞬間に辛さのあまり噴き出してしまい、無言で機材の裏に座り込み、汗をぬぐいながら泣いてしまいます。相当な辛さだったんですね…。

◎ 同率第1位

ユウキ食品「四川マーボーソース」518円(税込)

マツコも同率1位のこの2つを、味で区別することができないど似ているそうで、「究極は(味が)近くなるってこと。」という結論に至ります。

最後はマツコが「今日の段階では、死ぬ前に食べたいものは『麻婆豆腐とご飯』と答えよう。」

これを聞いた藤崎さんは、「嬉しい!ヤベェ泣きそう…」と涙をぬぐい、「激辛レトルト麻婆豆腐の世界」は、穏やかな笑いの中で幕を閉じます。

マツコの知らない「天然たい焼きの世界」

34年もの長い間、天然モノのたい焼きを探し続ける男「宮嶋康彦さん」

今、絶滅の危機にある天然のたい焼きを捕獲を続ける宮嶋さんには、強い信念がある。

それは…「日本の天然たい焼きを守りたい。」

宮嶋康彦(65)プロフィール

 

出身 長崎県

職業 写真家

経歴

学生時代 たい焼きの存在を知らずに育つ

30歳    人生初のたい焼きを食べて衝撃を受ける

31歳    浪花家総本店に出会い、天然モノたい焼きの存在を知る

現在   天然モノたい焼きを魚拓で残している

スタジオに用意されたのは、東京都四ツ谷にある「わかば」のたい焼き。

マツコが一番好きだというたい焼きです。

①たい焼きの体調を測定する

②たい焼きの体重を測定する

③半紙で多い水に濡らして型取り

④墨をつけた棒で優しく叩く

宮嶋さんは、庶民の歴史は歴史に残らないから、100円玉を握りしめて子どもたちが「たい焼き」を買いに行っていたことも残らないから、形だけでも残したいと魚拓をとっているそうです。

わかば(東京 四ツ谷)は、創業60年を超える老舗で尻尾まで餡子が入っています。

「宮嶋康彦さん」は、ローカル線の旅から帰ってきたような雰囲気を持つ、綺麗な白髪の穏やかそうな男性です。「天然モノ」と「養殖モノ」があるという宮嶋さん。否定するマツコに「絶対に納得する。」と自信たっぷりです。

スタジオには、明治41年頃に「たい焼き」が発祥した当時の焼き型が登場します。

「天然モノたい焼き」とは、昔ながらの焼き型で、一匹ずつ手間をかけて焼いたもの。

「養殖モノたい焼き」とは、プレートを使って一気に焼き上げるもの。

この違いは、味の優劣をつけるものではなく、作り方を区別するための表現だそうです。

宮嶋さんは、「天然モノ」は焼き型が1丁2キロあり、高齢者には重労働なため「絶滅危惧種」になってしまっていると言います。1975年に「およげ!たいやきくん」が発売されてからたい焼きブームが起こり、朝から晩まで焼かなければならない状態になったことで、プレートを使って一気に焼き上げる「養殖モノたい焼き」が主流になっていったそうです。ただ、中には「今までこのやり方でやってきたから生活を変えたくない。焼き型を変えると生活が崩れるかもしれない。」という意見もあったそうです。

ニッポン全国!「天然たい焼き捕獲マップ」

宮嶋さんがたい焼きの魚拓を取る理由 「たい焼きは、味より形!」

スタジオに用意されたマップには、現在は絶滅(閉店)したものを含め、33のたい焼きが紹介されています。たい焼き発祥の地・東京では8つのたい焼きが紹介されていますが、そのうち「指月」「天野」「日本料理バサラ」が絶滅(閉店)。残っているのは、元祖「浪花総本店(東京都麻布十番)」「柳家(東京都人形町)」「寿堂(東京都田町)」「わかば(東京都四ツ谷)」「たかね(東京都三鷹)」の5つだそうです。

写真付きで紹介された「たい焼き」

・みわや(青森県五所川原)「揚げたい(あんこ)120円(税込)」

揚げて砂糖をまぶしたたい焼き。受験シーズンにはバカ売れする。

捕獲困難!「幻の天然たい焼き3選」

国民の皆さんにどうしてもお見せしたい!

捕獲するのに苦労した!「激レア・天然モノたい焼き」

宮嶋さんの若い頃はインターネットも携帯電話もなかったので、たい焼き探しは大変だったそうですが、たい焼き屋さんのある場所は、その地元の和菓子屋さんに聞くことで知ることができたそうです。ただ、焼き屋さんにたどり着いても「養殖モノ」のこともあり、「天然モノ」を手に入れるのはとても大変だったそうです。

・店主に怒鳴られながら捕獲!

「根津のたいやき」東京都 根津 170円(税込)

体長:145ミリ、体高:80ミリ、体重:95グラム

上品は餡子が特徴で、行列が絶えない人気店。

宮嶋さんが初めてこのお店に行った時、「このお店はいつ頃始まったんですか?」と質問すると、店主が「まず自分がどこの誰か名乗るのが筋だろう!」と怒鳴られたそうです。この時宮嶋さんは、この店主も、宮嶋さんがしていることを知れば「そういうわけか!」と手を打ってくれるに違いないと、店先であぐらをかいて魚拓を取り始めたそうです。すると店主はさらに立腹。宮嶋さんが魚拓を見せると店主は苦笑いし、そのまま宮嶋さんの顔を見ることなく、ひたすらたい焼きを焼き続けていたそうです。

車に衝突されながら捕獲!「屋台の天然モノ」岐阜県 美濃白鳥 100円(1994年当時)

体長:110ミリ、体高:55ミリ、体重:65グラム

宮嶋さんが駐車している車に、酔っ払い運転の車がぶつけられた時の話。警察に行って加害者側が事情を聞かれている間に、フラッと表に出て見つけた屋台。ここでは一丁で2匹のたい焼きが焼ける焼き型を使っていて、宮嶋さんは狂喜乱舞したそうです。車にぶつけられていなかったら見つけられなかった天然モノだったそうです。

6度目の説得でようやく捕獲!「二吉屋」三重県 伊勢 150円(税込)

体長:148ミリ、体高:75ミリ、体重:100グラム

伊勢神宮のお膝元の伊勢市で捕獲。このお店はもの凄くゴツガタイ(伊勢の方言で頑固者)おばあちゃんがやっているらしく、宮嶋さんが魚拓をとらせて欲しいと言ったら断られたそうです。宮嶋さんは近所に泊まり込み、毎日通い続けた4日目に中に入れてもらい、おばあちゃんから「たい焼きを食べ歩いてないで、男子一生の仕事を見つけなさい。」と言われたそうです。おばあちゃんはその後もしゃべり続け、隣で聞いていた娘さんが「そんな話初めて聞くわ。」という話まであったそうです。旦那さんが亡くなってから、娘さんを女手一つで育て上げなければならなくなったおばあちゃんは、「たい焼き屋さんなら女でもできるかもしれない。」と、道具を買いに伊勢5時発の列車に乗って名古屋に向かい、人に聞きながら辿り着いた道具街で、10丁(合計20キロ)の道具を買って持ち帰ったのだとか。そのおばあちゃんが亡くなったあと、娘さんがその型を今も使い続けているそうです。

宮嶋さんは、20年前にこのお店で買ったたい焼きを「干物」にして取ってあるそうです。

「たい焼き屋がその街から一軒消えるということは、その街の風景が変わるということ。それをみんなで認識し合い、記憶に留めたい。」と語る宮嶋さん。

これを知ったマツコは「ちょっといい趣味だな…って思いました。今までにない番組になりましたね。」と言い、ほっこりとした雰囲気の中、「天然たい焼きの世界」は終了しました。

 

-マツコの知らない世界

Copyright© matsukofan , 2020 All Rights Reserved.