マツコ・デラックス出演番組に関する情報をお届けします

matsukofan

マツコの知らない世界

マツコの知らない世界 #100【うどんの世界&サイの世界】まとめ

2017年4月25日のマツコの知らない世界では、うどんの世界&サイの世界を紹介しました。

番組内で紹介された、マニアさん選りすぐりの情報もお届けします!

マツコの知らない「うどんの世界」

早い!安い!美味い!日本の国民食「うどん」

うどんチェーン店から行列ができる名店まで、絶品うどんを大特集!

そんな「うどんの世界」を教えてくれるのは、うどんを研究する東大生サークル「東大うどん部」の「今泉勇人さん」「中島菫(すみれ)さん」「小林義信さん」の3人。

「うどんを学ぶ うどんで学ぶ」をモットーに、全国各地のうどんの食べ歩きや、うどんの手打ちなど、うどんに青春を懸けた若者達です。

スタジオに登場した3人の顔を見ただけで、今泉勇人さんが法学部、中島菫さんが法学部。小林義信さんがの農学部であることを当て、さすがの鑑識眼でスタジオを沸かせるマツコでした。

東大生3人のプロフィール

      副部長        はなまる女子     野生児

名前   今泉勇人(25)    中島菫(20)      小林義信(20)

学部   法学部3年生       法学部3年生      理科Ⅱ類2年生

出身   世田谷区        多摩地区         茨城県水戸市

趣味   うどん食べ歩き・旅行  はなまるうどん巡り サバイバル                 

将来の夢  官僚            検察官           研究者

東大うどん部とは?

設立 2007年  

部員数15人(男性11 女性4)  

理念 「うどんを学ぶ うどんで学ぶ」

主な活動

①うどん屋で新歓コンパ  

②うどん遠征  

③うどん打ち

「うどんチェーン店舗数 ベスト5」

1位 丸亀製麺    779店舗  2000年創業  全国展開

2位 はなまるうどん 415店舗  2000年創業  全国展開

3位 山田うどんん  171店舗  1935年創業  北関東展開

4位 杵屋      144店舗  1967年創業  関西展開

5位 ウエスト    113店舗    1966年創業  九州展開

2大王者を徹底比較!「はなまるうどん」vs「丸亀製麺」

       「丸亀製麺」     「はなまるうどん」

発祥    兵庫県加古川市で創業  香川県高松市で創業

店舗立地    郊外型          都市型

製麺法     各店舗         自社工場

出汁構成   昆布&削り節      いりこ出汁主体

        (関西風)       (讃岐風)

丸亀製麺の発祥は「丸亀」ではなく「加古川」、元々は焼き鳥居酒屋「トリドール3番館」だった。

はなまるうどんの店舗は、地下や2階が多く、これは「うどんをすすりながら食べている姿を見られたくない」という女性への配慮なのだそうです。

スタジオには、両店の店舗が再現されます。

◎「はなまるうどん」

・ぶっかけ冷温      小300円 中400円 大500円

・温玉ぶっかけ冷温    小300円 中400円 大500円

・かけ温         小130円 中230円 大330円

・ざる冷         小300円 中400円 大500円

・きつね温        小300円 中400円 大500円

・まるごとわかめうどん温 小300円 中400円 大500円

・おろししょうゆ冷温   小200円 中300円 大400円

・牛肉温玉ぶっかけ冷温  小450円 中550円 大650円

・塩豚おろしぶっかけ冷温 小450円 中550円 大650円

・カレーうどん      小430円

・北海道男爵コロッケ 120円(税込)

・2種類の天かすを楽しめる

・うどん1玉にレタス1個分の食物繊維入り

・「天ぷら定期券」で期間中うどん1杯ごとに天ぷら1品無料

「はなまるうどん」の人気メニューは、最高品質の醤油が決め手の「おろししょうゆ」、甘辛く煮た牛肉に温玉が絡む「温玉おろしぶっかけ」、野菜がゴロゴロ入った「カレーうどん」など。

かけうどんの値段を見て「えっ?!安っ!」と驚くマツコ。

はなまるのうどんは、女性が頼みやすいように「並・大・特盛」を「小・中・大」と表記しているそうです。

マツコは「かけうどん小+北海道男爵コロッケ+天かす」を注文し、試食。

仕事が忙しく、なかなkうどん店などには足を運べないマツコは、「美味しい!美味しいね。」と笑顔です。

「天ぷら定期券」に関しては、「お店大丈夫なの?頑張ってんね。」と感心すること頻りです。

「カレーうどん」を試食したマツコは、「昔のうちのカレーに似てる。懐かしい味がする。」と評価。

このカレーのレシピは、1号店のパート従業員が考案した「まかないカレーうどん」のレシピが引き継がれているのだそうです。

◎「丸亀製麺」

・釜揚げうどん温    並290円 大390円 特490円

・釜玉うどん温     並350円 大450円

・ざるうどん冷     並290円 大390円

・かけうどん温     並290円 大390円

・ぶっかけうどん温冷  並290円 大390円

・とろろ醤油うどん温冷 並350円 大450円

・明太釜玉うどん温   並410円 大510円

・とろ玉うどん温冷   並410円 大510円

・かしわ天   140円(税込)

・野菜かき揚げ 130円(税込)

・天丼用ご飯  130円(税込)

マツコは「釜揚げうどん温並+かしわ天+野菜かき揚げ」を注文。

「かしわ天」を食べたマツコは、鶏胸肉なのにジューシーな味わに「確かにウマイね。美味しいね。」と満足した様子。

「野菜のかき揚げ」は、箸で崩すとサクッサクッと小気味好い音がスタジオに響きます。

丸亀製麺の「ツウな食べ方」をご紹介!

入り口で「天丼用ご飯(130円)」を注文し、「好きな天ぷら&タレ(無料)」をかけて、天丼にもできるそうですよ!さらに、「出汁(無料)」をかければ「出汁茶漬け」にできるそうです!

東大うどん部オススメ!「一度は食べたい うどんの名店」

◎「藤店(ふじだな)うどん」埼玉県川越市 肉汁うどん(並)680円(税込)

地元で愛されて50年!ガシガシ食感がクセになる!

埼玉県でも屈指の人気店であるこちらのお店には、ボリュームも満点!一度食べたら病みつきになる絶品うどんがあるそうです。

豚バラ肉とネギがたっぷり入った看板メニュー。

つけ汁でうどんを煮込んだ裏メニューあり。

◎「味噌煮込罠(みそにこみん)」文京区本郷三町目 味噌煮込みんどん 850円(税込)

東大出身の店主が営む専門店。

味噌煮込大好きのマツコは期待に胸を膨らませワクワクしています。

八丁味噌・赤味噌・白味噌をブレンド。

試食したマツコは、「味噌ウマイね!あ〜ウマイ。八丁味噌って恐ろしい味噌よ。」と大満足。

東大の学園祭で大行列!「うどん部伝統の焼きうどん」

スタジオでは、東大うどん部の皆さんが屋台を設置。うどん部伝統の焼きうどんを作ってくれています。

東大うどん部「ぶっかけ焼きうどん 300円(税込)」

味付けは「麺つゆ」のみ。

炒めたうどんに麺つゆをかけ、照りが出るまで炒めます。

器に盛って「花鰹」「天かす」「ねぎ」をのせて出来上がり。

試食したマツコは「…うん、いいかも。ただ、一言いうならば、もうちょっと何かが欲しい!」とアドバイスしていました。

マツコの知らない「サイの世界」

TRFの「SAM」が愛してやまないもの、「サイ」

ファン歴はなんと30年以上。世界中のサイグッズを収集。

サイの動画鑑賞が趣味だといSAMが、動物界最強と言われるサイの魅力を熱弁!

さらに、マツコ憧れの「ETSU」「CHIHARU」が飛び入り!TRF25周年をマツコを振り返ります。

「サイ大好きダンサー SAM(55歳)」

サイにはまったきっかけは、20歳の時に伊豆動物園で生のサイに会って感動、その後サイグッズの収集にハマる。

「こんなことやって大丈夫なの?」とスタジオに登場したSAMを心配するマツコに、「『サイ』と『カバ』が、キチンと区別されていないのが納得いかない。」と熱弁するSAM。スタジオには、SAMが収取したフィギュアが登場します。

・シロサイ 草を食べやすいよう口が広い

・クロサイ 木の実を食べやすいよう口が尖っている

「こんなツノ持ってるのに、クサ食ってんだ…。ちょっと見方変わってきた。」というマツコ。

さらにSAMの熱弁は続きます。

  シロサイ クロサイ インドサイ ジャワサイ スマトラサイ
生息地 アフリカ大陸 アフリカ大陸 インド・ネパール 東南アジア 東南アジア
体調/体重 4m強/3.6t 3m強/1.8t 4m弱/3.5t 3m強/2t 3m弱/1t
頭数 約20000頭 約5000頭 約3500頭 約60頭 約100頭

絶滅の危機に瀕しているサイ。中でもSAMが特に好きなのが「インドサイ」なのだそうで、スタジオには等身大のインドサイ模型が登場します。

・インドサイ

鎧のようなヒダがあり別名「ヨロイサイ」

草食動物だけあって、穏かで優しい目をしているインドサイの模型を見て、「サイを応援したくなってきた。」とマツコは話します。

SAMが最近ハマっていること「サイvs動物 バトル映像さがし」

サイマニアSAMが選ぶバトル映像「シロサイvsバッファロー」

・角を付き合わせバトルスタート!

・相手のバッファローは推定700kg

・中間のバッファローが止めに入るも、サイの攻撃の手は止まず

この映像を見たマツコは、「これサイは悪くないの?」と聞きますが、サイ派のSAMは「サイは悪くない。バッファローが何かしたんでしょうね。」と話し、スタジオは笑いに包まれます。

意外と知らないサイの真実

①ツノは骨ではなく毛

②ボルトよりも足が速い

③鳴き声がカワイイ

サイの角は爪や毛と同じタンパク質なので、折れてもまた生えてくるそうですよ。

サイの走る速さは、100m9秒前後。マツコは「ボルトがドーピングした位?」と表現し笑わせます。

サイの鳴き声は、例えるなら「林家パー子」が笑う時のような甲高い声で、スタジオは大爆笑でした。

 

ここで、「TRF」の「CHIHA」と「ETSU」が収録に加わり「TRF 25周年の軌跡」を数々の名曲と共に振り返ります。大ファンのマツコも知らない衝撃の過去を告白!

1992年 「TRF」結成 

2作目にして79万枚のヒットを記録した「EZ DODANCE」の映像が流れると、SAMがリハーサル中に骨を折ったまま出演していたことを告白。

5作目となる67万枚を売り上げた「寒い夜だから…」は、シングル初のオリコントップ10入りを果たす大ヒット。「小室哲哉が5分で書いた曲」として有名。

6作目の「survival dAnce〜no no cry more〜」は、売り上げ137万枚を記録。TRF初のシングル1位になった曲。

そして、この年末デビュー2年目にして紅白歌合戦初出場。

その後リリースした「CRAZY GONNNA CRAZY」「masquerade」もミリオンセラー達成。

この年末には大37回日本レコード大賞を受賞。「Overnight Sensation〜時代はあなたに委ねてる〜」は、106万枚を売り上げた。

5作連続ミリオンは「ピンク・レディー」「B’z」に続き3組目。

こうして、デビューから2年で、CD総売上1000万枚を突破!

2013年に行われた20周年ライブの最後には、小室哲哉がサプライズ登場しました。

TRFには2回ほど、ETSUさんが「辞める。」と言い出したグループの危機があったそうですよ。

また、「EZ DO DANCE」の頃には、DJが2人・ダンサーが8人・ボーカルの11名いたそうですが、テレビに出るようになるまでに削ぎ落とされて5人になったそうです。

TRFにまつわる噂 

小室哲哉いわく「ETSUとCHIHARUは、お酒を一滴も飲まないストイックな生活を送っている。」

CHIHARUさんはお酒を飲まないそうですが、ETSUさんは、小室さんがそう話した以前の放送を、焼酎をストレートで飲みながら見ていてビックリしたそうです。

お酒を一滴も飲めないのは「DJ KOO」。

TRFメンバーの誕生日には、自作の動画をプレゼントしてくれる愛すべきゆるキャラ的存在だと、和やかな笑いに包まれながら「サイの世界」は終了します。

-マツコの知らない世界

Copyright© matsukofan , 2020 All Rights Reserved.